デスメタルをベースとしながら、プログレッシヴなテンポ展開やオールドロックのテイストも織り込み、益々オリジナリティを磨き込んだサウンドで、世界のヘヴィメタルファンを席巻する魅力を秘めたスペクタルアルバム!

今作の柱となる秋田のドラムは、速さに重きを置かず、深みのある音色で、70's 80'sハードロックを彷彿させるようなプレイも随所に取り入れ、熟達を見せている。音を隙間なく詰め込んだ圧巻のドラムソロにも注目して欲しい。
バンド史上最高に難易度が増した楽曲群に挑む為、高畑のベースも新たな音作りを試み、拘りの音を作り上げた。兀突骨サウンドの要である異才な超絶スラップは、ドラムとの絶妙なシンクロを極めている。
円城寺のギターはモダンなスタイルを軸に、多彩なアイデアとテクニックで楽しませるプレイが満載。怒涛の速弾きもさることながら、昨年のネパール〜インドツアーでインスパイアされ取り入れた、オリエンタルで優美なフレーズのパートも印象的だ。
歌詞は高畑の愛読書である伊東潤作品などの歴史小説からイメージを膨らませ、武士のロマンを時代調の硬派な日本語で綴り、地獄のようなグロウルで表現している。

[収録曲]
1. 魔ノ都 Urbs Diaboli
2. 無二ノ決戦 A Showdown Like No Other
3. 撫デ斬リ Sword Sweep
4. 屍ヲ晒セ Die In Glory
5. 無慈悲ナ仏神 Merciless Deities
6. 反撃ノ時 Time To Strike Back
7. 背水之陣 The Final Stand
8. 文物ト戦 Civilizations And Wars
9. 降伏勧告 Summons To Surrender
10. 時代ノ碑 Epigraphy Of An Era

*Live Schedule
11月10日(土)大阪 南堀江SOCORE FACTORY
12月8日(土)新木場 1stRING
12月9日(日)名古屋 HuckFinn
12月16日(日)茨城 つくば Parkdiner
12月29日(土)新宿 WildSide TOKYO

※ メーカー・インフォメーションより